<

サイトマップ

会員からのお知らせ

K-RIP会員からのお知らせです。

このページでは、K-RIP事務局から九州や全国各地で行われるセミナー・講演会・展示会などの情報を皆様にお届けいたします。

【ご案内】 第106回エコ塾「新分野へ広がる環境・エネルギービジネス」5/24(水)17時00分~ 福岡合同庁舎本館1階にて

K-RIP(ケイリップ)及び九州経済産業局では、環境ビジネスの創出、ビジネスマッチング、人脈形成を目的として、定期的に環境ビジネスに特化した異業種交流会「エコ塾」を開催しています。 第106回エコ塾は「新分野へ広がる環境・エネルギービジネス」をテーマに、

詳細を見る

「福岡県リサイクル総合研究事業化センター平成29年度オープンセミナー」の開催

このたび、当センターでは、素材産業をはじめとするリサイクルの分野で見識が高い東京大学特任教授・東北大学名誉教授 中村崇を新たにセンター長に迎えました。 そこで、「リサイクルの動向とリ総研の取り組み」と題しまして、新センター長による基調講演及び産学官連携によるリサイクルの技術開発研究の第一人者である北九州市立大学国際環境工学部 教授 大屋仁史氏による特別講演を行うオープンセミナーを開催いたします。

詳細を見る

【ご案内】世界最小クラスの小型海水淡水化装置「MYZシリーズ E-40」のデモ会を開催3月13日14時~ 福岡市ヨットハーバーにて

『世界最小クラス!持ち運びが出来る海水淡水化装置』   2017年3月13日14時~「福岡市ヨットハーバー」(福岡市西区小戸3丁目58-1)にて、 世界最小クラスの小型海水淡水化装置「MYZシリーズ E-40」のデモ会を開催致します。   弊社の小型海水淡水化装置はすでに全国の漁協、水産加工業、海洋土木業といった業

詳細を見る

《ご案内》「一日中小企業庁 in 福岡」を開催いたします ~福岡発!中小企業のチャレンジを地域をあげて全力応援!!~

福岡県(福岡市)において、「一日中企庁in福岡」を開催いたします。

詳細を見る

【ご案内】平成29年度福岡県リサイクル総合研究事業化センター「研究会」募集

(公財)福岡県リサイクル総合研究事業化センターより、「研究会」募集についてのご案内です。 当センターでは、循環型社会の構築を目指し、産・学・官・民が連携して行うリサイクル技術の開発及び社会システ

詳細を見る

九州水素・燃料電池フォーラム/水素先端世界フォーラム2017 2/2(木)~

★九州水素・燃料電池フォーラム/水素先端世界フォーラム2017を開催します★   2017年2月2日(木)、国内外の第一線の団体や研究者などが一堂に会する「九州水素・ 燃料電池フォーラム/水素先端世界フォーラム2017」を同時に開催します。   本年度は、

詳細を見る

【ご案内】環境省主催 フォーラム/ワークショップ in 福岡 (2017年2月7日 開催)

◆◇----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 循環型地域社会の発展に向けて    ~排出事業者と処理業者が地域のために今何ができるのか?~ ------------------

詳細を見る

【ご案内】世界最小クラスの海水淡水化装置のデモンストレーション開催

  コンパクトで安価な海水淡水化装置をご存知でしょうか? 海水を飲料水に変える装置・業界初のコンパクト化!世界最小クラスで ハイパーフォマンスを実現した【オーシャンピュアE-40】のデモンストレーションを開催します。   前回7月にも福岡で開催しご好評をいただきましたので、今回も福岡にて開催決定!! 7月に来れなかった方も、前回いらした方も、

詳細を見る

【ご案内】~小さな泡が革新を起こす~ ファインバブルセミナー@佐賀県

◇◆【産学官連携技術交流会 ファインバブルセミナー】(10月13日開催)◆◇   K-RIPの共催で「産学官連携技術交流会 ファインバブルセミナー」を開催いたします。 近年、注目を集めている日本初の革新的な技術であるファインバブルは、農業・水産業での活用をはじ

詳細を見る

【ご案内】キューテックコラボよりご案内【三木会情報】◇九州工業大学技術交流会

  ◆キューテックコラボよりご案内【三木会情報】◇九州工業大学技術交流会   環境問題と聞いて一番に思いつくのは「大気」と「水」ではないでしょうか。 水の浄化は、環境問題の基本・出発点であるとともに、最近よく聞く 「水ビジネス」という言葉に代表されるような最先端の成長分野でもあります。 9月の三木会では、本学工学研究院 物質工学研究系 高須先生から、

詳細を見る