サイトマップ

事務局からのお知らせ

一覧へ戻る

2013/06/03

【開催報告】 第69回エコ塾(6月6日開催)

【日 時】平成25年6月6日(木)
     プレゼン17:00~18:20 / 交流会18:20~19:30

 
【会 場】福岡合同庁舎本館6階 九州経済産業局 第2・3会議室
     http://www.kyushu.meti.go.jp/aboutmeti/access.htm

【参加人数】  講演会:58名   交流会:33名
 

【内 容】
◆プレゼン①

テーマ  : エネルギーの地産地消「青空コンセント」
講演者 : T・プラン株式会社 代表取締役社長 寺下満氏

内容 :

 太陽光発電の安定利用を可能にした電力供給システム「青空コンセント」についてご紹介していただきました。

 「青空コンセント」はガレージ型の充電ステーションで、「風でなびく太陽光発電パネル」・「蓄電池」・「制御装置」・「コンセント」で構成されています。屋外の電源としてだけでなく、小型電気自動車、シニアカー及び電動アシスト自転車などの充電や非常用電源としても使用することができるというご紹介がありました。

 また、本製品は基礎工事が不要で駐車場1台分のスペースがあればどこにでも設置可能で、「風でしなるR形状フレーム」「強風を逃すための風でなびく太陽光発電パネル(特許出願中)」などを採用しており、屋外環境における強風などの外部環境への対策も施されています。

 来場者アンケートでは「とても参考になった」「当社と組んでビジネスをしたい」という声が多く、早速問い合わせが寄せられているそうです。プレゼン後の展開が期待されます!

 

 

 

   
◆プレゼン② 

テーマ  : 業務用電気給湯器「ほっと・エコーナイト」等の紹介 
講演者 : 株式会社デンケン PA事業部 課長 鶴原清二氏
       株式会社日本環境リバレンス ほっと・エコー事業部 課長 竹田浩太郎氏

内容 :

業務用電気給湯器「ほっと・エコーナイト」について紹介していただきました。

本製品は「安全」・「低価格」・「省エネルギー」を実現した発熱装置で、特徴として熱伝導率が高いこと、エネルギー転換効率が95%以上であることなどが紹介されました。

また、深夜電力の使用によりランニングコストは重油と比較して70~80%のコストダウンが実現でき、1ユニットあたり1日約20トンのお湯が使えるそうです。導入前に比べて約80%のコストダウンに繋がったという某介護施設の事例には、会場から質問が寄せられていました。

来場者アンケートでは、「本製品を購入してみたい」や「当社と組んでビジネスをしたい」といった声もあり、来場者の関心の高さが伺えました。

   
◆経済産業省 施策紹介
「円高・エネルギー制約対策のための先端設備投資促進事業費補助金」等、注目の施策を紹介しました。

 

                  

   T・プラン 寺下氏             株式会社デンケン 鶴原 氏   

                           株式会社日本環境リバレンス 竹田氏

 

        

             講演会の様子                   交流会の様子

 

 

=====================================================================================================

エコ塾は、企業PR、情報交換の場を提供することを目的としており、講演前後にトラブルが発生いたしましても、主催者及び実施者は一切の責任を負いかねますので、予めご了承下さい。

=====================================================================================================